大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

がんの変遷

死亡原因1位はがん

1981年以来、癌は脳卒中などの脳血管障害による死因と逆転し、日本人の死亡原因の第1位となりました。戦前のおもな死因である結核などの感染症は、抗生物質の発明により減少しました。そして戦後まもなくから脳卒中が死因の上位を占めるようになり、高度成長期には心筋梗塞などの心疾患へと移行してきました。これらの生活習慣関連病いわゆる成人病は、いまだ増えつつある傾向にありますが、さらにそれを超える勢いで癌は死亡原因の第1位として躍り出てきました。
(国立がんセンターの統計資料を参照)

 

 

<参考資料 厚生労働省統計資料より>

 

癌は人類を悩ます共通かつ最強の敵ともいうべき疾患であり、その制圧は疾病対策上の最重要課題となり、全地球的に対応すべき問題です。これからも癌は増える傾向にあり、高齢化社会が進むにつれ西暦2015年には日本における癌の新患者数は男55万4000人、女33万6000人となるとも言われています。
対策として政府の「対がん10ヵ年総合戦略」のもとで1983年から研究が積極的に行なわれ、癌遺伝子、癌抑制遺伝子の発見や多段階発癌の概念が確立されました。1994年にはさらに「がん克服新10か年戦略」が開始され、本態解明をめざした基礎研究とともに、その成果を臨床に生かすことが強く意識されています。

 

 

<参考資料 独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センターがんの統計資料より>

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療