大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2020年12月の診療日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2021年1月の診療日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

クリニックの紹介

CSクリニックの理念

CSとは、「がんを抑える」=「Cancer Suppression」を意味します。

 

CSクリニックの院長大井博道は、副作用の強い抗がん剤をできるだけ使わずにがんの治療ができないものか研究してきました。大阪大学医学部との共同研究の結果、抗がん剤でがん細胞のDNA合成を阻害しなくても、がん細胞の分裂を抑制することで「がんを抑える」ことができると判ってきました。これが最新の分子標的治療です。
動脈にカテーテルを通して病状に応じた薬を直接投与する治療法で、西洋医学のエビデンスに基づいた積極的治療です。
新しい治療法をできるだけ早く多くの人に提供したいと考え、2003年にCSクリニックを開設しました。

 

がん細胞の分裂を抑制する薬剤を動脈内から腫瘍に直接投与することにより、抗がん剤を使わず腫瘍の増大を押さえることができるのです。

 

治療の特徴

・周囲の正常細胞を傷つけない
・がん細胞を攻撃している免疫細胞にもダメージを与えない
・早期がんから進行がん、末期がんにまで対応できる

 

さらにがん細胞を認識していない免疫細胞にがんの目印を教え込み、がんを攻撃できるように活性化させることも行います。抗がん剤では免疫細胞を活性化することができません。
働かない免疫細胞を活性化させるという意味で、「免疫活性化血管内治療」と呼びます。

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2020年12月の診療日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2021年1月の診療日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です