大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

治療症例の紹介:子宮体癌の再発

 

子宮体癌は子宮内膜にできるがんで閉経前後の方に多くみられます。子宮の奥にできる癌で、子宮の入り口にできる子宮頚癌はヒトパピローマウィルス(HPV)が原因であることが解っていますが、子宮体がんは原因不明で女性ホルモンが関係しているといわれています。症状は月経時以外にみられる不正出血で発見されます。がんが子宮の中にとどまっている状態であれば手術で良い成績が得られています。

症例

不正性器出血にて検査した結果、子宮体癌と診断され手術された方です。手術した時には転移巣はありませんでしたが、術後に抗がん剤治療が行われました。しかしその後、腫瘍マーカーの上昇がみられ、セカンドオピニオンを求めて当クリニックに来院されました。PET検査およびCT検査にて大動脈の周囲に1-2cmのリンパ節が腫大していることがわかりました。免疫細胞ががん細胞を認識できていないため、リンパ節にがん細胞が居座っている状態です。
免疫細胞を訓練させるために免疫活性化血管内治療を行いました。血管内治療中に腹部全体の精密検査を同時に行います。その結果、PET検査にて膀胱の陰に隠れて見落とされていた膣断端の再発巣が明らかになりました。

 

子宮を手術したあとの膣に癌が再びできていたのです。カテーテルでがんに直接おくすりを投与しました。抗がん剤ではないので外陰部の皮膚にまで高濃度の薬剤が入りますが、副作用はまったくありません。2ヶ月後には腹部のリンパ節が2cmから1cmに縮小していました。このリンパ節には直接の治療は行われていませんが、免疫ががん細胞を攻撃できるようになったため、自動的に縮小したものと思われます。

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療