大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

治療症例の紹介:子宮頚癌(しきゅうけいがん)

 

子宮の入り口にできる子宮頚癌はヒトパピローマウィルス(HPV)が原因とされています。HPVは性交渉で感染しますが、感染してもほとんどの人は免疫により自然に排除されます。しかしHPVの中でもたちの悪いウィルスが10数種類存在し、しつこく感染が長引き、がんが生じてきます。他の癌より若い20代からみられます。

症例

不整出血にて精査され子宮頚癌(Ⅱa)と診断されました。手術を勧められたが、結婚したばかりで子宮温存での治療を希望されました。温熱リンパ球治療と並行して免疫活性化血管内治療を行いました。

 

①1回目の血管内治療時、子宮頚癌は非常に血流の豊富な腫瘍として認められました。

②3ヶ月後の3回目の免疫活性化血管内治療にて癌の縮小傾向が認められました。

③9ヶ月後には腫瘍は縮小しており、腫瘍血管も乏しくなってきました。

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療