大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

リンパ節転移(りんぱせつてんい)

 

リンパ節は体中流れているリンパ液をろ過するフィルターの働きをしています。リンパ管のところどころに関所のように配置され、 流れてくる細胞や細菌をひっかけて、からだに不要なものと判断すれば排除します。免疫の重要な仕事を司っています。
このリンパ節に転移が起こると、ガンの進行度をしめす病期が進んでいることを意味します。それはがんが発生したところ(初発部位)より、 剥がれ落ちて、ひとつのがん細胞になっても死なないで、遠く離れたところでも生きていけることを意味します。
つまり、リンパ管の中を流れて、アメーバのように分裂しながら増えていって、あちこちのリンパ節で増殖するのです。手術で取りきれる範囲までのリンパ節転移ならば、 手術時にリンパ節郭清を行ないます。しかし、大きく広がったリンパ節転移は手術の対象とはならず、一般的には抗がん剤や放射線治療が行なわれます。リンパ節領域に放射線治療を行うと、照射領域は大幅に拡大するため、照射を受ける周囲の臓器が放射線障害の影響を受けます。

 

CSクリニックでは、リンパ節転移に選択的に免疫活性化血管内治療を行い、高い効果を上げています。この治療法では周囲の臓器に副作用を起こすことなく、個々のリンパ節を治療することができます。

症例1

他院で前立腺ガンの手術を受けられましたが、後に骨盤内のリンパ節に転移がみつかりました。別の病院でホルモン療法を受けられていましたが、リンパ節の腫大が強くなってきたため、当院へ来られました。

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療