大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

治療症例の紹介:大腸癌(だいちょうがん)

 

大腸がん(結腸・直腸・肛門がん)は、50歳代付近から増加し始め、高齢になるほど高くなります。大腸がんは男性のほうが女性の約2倍と高く、生活習慣では、過体重と肥満で結腸がんリスクが高くなり、飲酒や加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)に偏った食事が大腸がんになる原因とされています。

 

大腸がんの予防には、規則正しい運動、野菜中心の食生活、果物、葉酸、カルシウム、ビタミンD、食物繊維摂取などが挙げられています。手術を受けた後に再発することもあります。すべてのがんに当てはまりますが早期大腸癌の段階では無症状であり、癌が進行してからでないとはっきりとした自覚症状が出てきません。大腸癌は進行してくると次のような症状が出てきます。

自覚症状

血便、便が細くなる(便柱細少)、残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなどです。貧血ではじめて見つかることもあります。血便の頻度が高く、痔と勘違いして受診が遅れることもあります。がんによる血便では肛門痛がなく、暗赤色の血液が便に混じります

早期発見

大腸がんは胃がんや食道がんと同様に粘膜から発生するので、大腸の内側から見ると早期に診断することができます。大腸がんはポリープ状に隆起することが多く、内視鏡検査(大腸ファイバー)で腸粘膜の異常な凹凸や、色の変わったところを見つけることが必要です。大腸がんは早い時期に発見すれば、内視鏡的切除や外科療法により完全に治すことができます。

進行大腸がん

粘膜から発生した大腸がんは、腸壁の外に向かって粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜へと徐々に深く浸潤(しんじゅん)しはじめると、それに伴って転移しやすくなり、予後(治療による今後の見通し)が悪くなってきます。がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗って他の場所に移動し、そこで増殖することを転移といいます。つまり、全身に癌が広がってしまうことになります。

治療症例1 大腸がん・肝臓転移(だいちょうがん・かんぞうてんい)の症例

この方は排便困難と腸閉塞の症状で病院を受診したときに、はじめて大腸がんと診断されました。すでに肝臓に転移していて、まず重要な臓器である肝臓の免疫活性化血管内治療を優先的に行い、あわせて原発巣の大腸がんの治療もおこないました。転移した病巣である肝臓がんがほぼ消失した後で、原発巣である大腸がんの切除手術をおこないました。

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療