大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2021年10月の診療日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2021年11月の診療日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

再発・転移の予防

疫力を上げることが、がんの予防と治療の大原則

当院の免疫活性化血管内治療は、分子標的薬(PMM)でがん細胞を攻撃するとともに、免疫細胞の働きを高める治療法で、さまざまな種類、部位の治療が可能で、再発転移したがんにも効果がみられます。抗がん剤を使わずに免疫力を高めるので転移を防ぐ効果もあると考えられます。

手術では血管に浸潤したがん細胞が体中にばらまかれる危険性がゼロではありません。がん病巣を切除した後に、微小ながん細胞がどこかに残っていて再発する場合があります。
そのため再発予防の全身療法として抗がん剤治療を行うケースがよくありますが、正常細胞に大きなダメージを与えることになります。
手術後の再発や転移の予防効果が期待できる当院の治療は、手術後の抗がん剤治療に不安を持たれている方にもお勧めできます。

Q、免疫活性化血管内治療を行うのは手術前と手術の後とどちらがより有効ですか?

A、手術の前に、免疫活性化血管内治療を行うことをお勧めしています。
手術により、がん細胞が体中にばらまかれる危険性もある上、手術そのものが体への大きなストレスになり、免疫細胞の働きを弱めてしまいます。
事前に免疫活性化血管内治療を行うことで、免疫細胞ががん細胞を認識できていれば、ばらまかれたがん細胞があっても、見つけだして攻撃してくれます。さらに、がんの縮小も期待できるので、手術の負担も軽減できます。

免疫活性化血管内治療
がん治療についてよくある質問

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2021年10月の診療日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2021年11月の診療日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

※赤字は休業日です