大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2020年7月の診療日
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2020年8月の診療日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

  • ホーム
  •  > がんの治療方法
  •  > 活性化リンパ球治療

 

活性化リンパ球治療

活性化リンパ球治療について

末梢静脈から採血したリンパ球を1,000倍に増やし患者さまに点滴で戻し、免疫力の強化をはかる治療法です。CSクリニックでは、免疫活性化血管内治療と組み合わせることで細胞障害性Tリンパ球(CTL, キラーT 細胞)を活性化し(NK細胞を増やし)、より効果の高いリンパ球を投与できると考えています。

活性化リンパ球治療の詳細

活性化リンパ球治療とは、患者さまから採取したリンパ球を体外で1,000倍以上に分裂増殖させ、点滴によって体内に戻す免疫療法のひとつです。免疫力の低下した人でも培養器の中でリンパ球を増殖させるために、からだに負担はなく、治療効果は一定以上のものになります。

 

リンパ球のうちナチュラルキラー細胞(NK細胞)は異常細胞をすべて攻撃する能力を持っています。がんが発生した初期には重要な役割を持っています。しかし、進行がんや末期がんの場合にはその仕事ぶりはゆっくりで、癌細胞の増加に追いつかない可能性があります。

 

一方、細胞傷害性Tリンパ球(CTL、キラーT細胞)は、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が抑えきれない癌細胞も攻撃し殺すことができます。

活性化リンパ球療法ではキラーT細胞だけでなく、その効果を増強させるヘルパーリンパ球も増殖させます。バランスよく免疫細胞を増やすため、自然な免疫治療です。
CSクリニックでは、免疫活性化血管内治療との組み合わせで、がん細胞への攻撃力をより増した、効果の高い活性化リンパ球治療をおこなっています。

 

活性化リンパ球治療

活性化リンパ球治療の手順

1. 採取日及び投与日を外来診察のときにお知らせします。

 

2. 採取当日は直前の飲食はお控えください。
採取時間は午後3時ごろになりますが昼食を抜く必要はありません。

 

3. リンパ球を培養させるには2週間ほどの日時が必要です。

 

4. 培養したリンパ球を投与します。30分~1時間程度の点滴で終わります。
※治療に伴う副作用は特にありませんが、人によっては軽度の発熱がある場合もあります。

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2020年7月の診療日
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2020年8月の診療日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

※赤字は休業日です