大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2021年10月の診療日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2021年11月の診療日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

  • ホーム
  •  > がんの治療方法
  •  > がん休眠療法

 

がん休眠療法

がん休眠療法とは

 

遠隔転移を伴った進行がんの場合には根治的手術は不可能で、やむを得ず抗がん剤治療をしているのが現状です。抗がん剤による副作用が強く、正常臓器に大きなダメージを与えます。がんは見かけ上では消失しても、患者の身体へのダメージが大きく、弱ってしまいます。

がん休眠療法(少量抗がん剤治療)とは、がんを殺すことをあきらめて、がんを大人しくさせる治療法です。標準治療の抗がん剤治療ががん細胞を殺すことを目的としているのに対して、がん休眠療法は、がん細胞をたくさん殺すことばかり考えず、がんと上手く付き合っていくことを目的とします。

 

がん休眠療法から免疫治療へ

現在のがん休眠療法は抗がん剤の全身投与量を減らすことで行われています。また、がんの存在する部位にだけ動脈から抗がん剤を投与する血管内治療は、高濃度の抗がん剤を腫瘍へ直接投与する事により、全身への副作用を減らしています。
しかし、全身化学療法より副作用が少なく延命効果も期待できる一方、抗がん剤を使っているため、局所投与された臓器や血管への強い障害があり、周囲臓器への影響が強く出れば中止せざるを得ません。低侵襲であるはずの血管内治療でも場合によっては局所障害が強くなります。抗がん剤はがん細胞だけでなく周囲の正常細胞にまで大きな影響を及ぼします。

CSクリニックでは抗がん剤を使わずにがんを休眠させることができるようになりました。CSクリニックの血管内治療で行う分子標的治療は、従来行われてきた抗がん剤を使った血管内治療とは全く異なるもので、正常な臓器がダメージを受けません。分子標的治療ではがん細胞の分裂を抑制することでがんを抑えるため、正常な細胞への影響はきわめて軽微です。また免疫細胞もダメージを受けず、逆に活性化してがん細胞を攻撃し始めます。

 

抗がん剤を使わないがん治療

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2021年10月の診療日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2021年11月の診療日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

※赤字は休業日です