大阪本町 坂井CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

月・木・金
午前診10:00~12:30 
午後診13:30~16:00

土曜(隔週)
10:00~13:00

診察最終受付時刻
午前診…11∶40 午後診…15∶30
午後の点滴受付は15:00までです
完全予約制

 

2024年6月の診療日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23/30 24 25 26 27 28 29
2024年7月の診療日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

※赤字は休診日です

 

 

 

  • ホーム
  •  > がんの治療方法
  •  > アルファリポ酸点滴療法

 

アルファリポ酸点滴療法

アルファリポ酸とは

アルファリポ酸とは、別名チオクト酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、人間の身体を構成する細胞全てに存在し、細胞を活性化させる働きを持っています。ビタミンCやビタミンEの400倍の抗酸化力があり、強力な抗酸化作用によりデトックス(解毒)作用を発揮し、免疫力を飛躍的に高める物質です。

がんは酸化ストレス(フリーラジカル)の細胞へのダメージが原因となって起きています。アルファリポ酸は強力な抗酸化物質で、フリーラジカルをあらゆる臓器の細胞レベルで消去します。

 

ほぼ全てのがんの原発・再発・転移の治療やがん予防に適応があると考えられています。手術、抗がん剤、放射線治療との併用も可能で、抗がん剤の作用促進や副作用の軽減、放射線治療の副作用の軽減や再発防止などにも有効です。 高濃度ビタミンC点滴療法との併用により抗がん作用の増強が期待できます。

 

アルファリポ酸点滴の流れ

初回の点滴は100mgより開始し、その後量を増やして継続して点滴を行います。
※量は患者さまの体重や症状によって変わってきます。
点滴時間:約30分~1時間

 

高濃度ビタミンC点滴の同時使用も可能で、高濃度ビタミンC点滴療法後に引き続きアルファリポ酸点滴をすることでビタミンCの抗腫瘍効果を増強します。

当院では、国内で認可された注射薬を使用しています。

 

副作用について

  

アルファリポ酸点滴療法の副作用として、注射部位の痛みが起きることがあります。 稀に、血液内の血糖濃度が低下し、発汗・震え・動悸・頭痛などを伴う低血糖症状がみられることがあります。
点滴中に症状がある場合はすぐに適切な対応をいたします。

費用について

  
アルファリポ酸点滴 300mg 税込12,000円-
600mg 税込14,000円‐

※初回のみ別途インスリン抗体検査代(¥4000)がかかります。
※昨今の世界情勢に伴う物価上昇による、医療器具等のコストの大幅な値上がりのため、価格を改定しました。

 

 

 

 

受付時間 月・木・金10:00〜12:30 13:30〜16:00 / 土曜10:00~13:30
〒571-0048 大阪府門真市新橋町3丁目3番門真プラザ301号

診察最終受付時刻 午前診…11∶40 午後診…15∶30
午後の点滴受付は15:00までです 完全予約制

 

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、坂井CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療

 

 

受付時間

月・木・金
午前診10:00~12:30 
午後診13:30~16:00

土曜(隔週)
10:00~13:00

診察最終受付時刻
午前診…11∶40 午後診…15∶30
午後の点滴受付は15:00までです
完全予約制

TEL・FAX:06-6908-1782

2024年6月の診療日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23/30 24 25 26 27 28 29
2024年7月の診療日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

※赤字は休診日です