大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

院長のブログ

副院長のブログ・「がんがあっても元気」な日々

朝夕の冷え込みが厳しくなり、本格的な冬の訪れを実感するこのごろです。今回は、私の91歳になる母について、お話しようと思います。

 

母は、数年前に初期の膀胱がんを治療後、介護保険に助けていただきながら、何とか、一人暮らしをしています。それが、今年の4月ころから、咳、痰、呼吸困難がひどくなり、苦しむようになりました。左肺腺癌、両側肺内転移、がん性胸膜炎、胸水貯留という診断でした。

 

これまで、多くの有効例を見ていますので、迷わず、CSで治療を受けることにしました。今年の7月から、胸水を抜いて戻すCART治療を2回、胸水を抜いてPMMという薬剤を投与する胸腔内治療を1回、肺がんの病巣に対しての免疫活性化血管内治療を2回行いました。CARTだけでは、すぐ増えて1700mlを超える血性胸水でしたが、PMMによる胸腔内治療後は、増えることなく、呼吸困難もなくなりました。血管内治療後は、咳、痰もほとんどなくなり、いまさらながら、効き目を再確認しています。
在宅酸素治療器の必要もなくなり、リハビリに励む母をみることができますのは、本当にありがたいことです。

 

年齢や進行癌であることを考えると、完治は難しいのですが、治療により得ることができた「がんがあっても元気」な日々が、これからも続きますように、天寿を全うしてくれますように、願っています。

 

>> ブログトップへ戻る

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療