大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

院長のブログ

免疫シリーズ

うつぼ公園のさくらの季節が過ぎ、さつきが咲き始めました。
しばらく、このブログをお休みしていましたが、免疫治療についてお話をしたいと思います。

 

免疫とは、細菌やウィルスなどの微生物による外からの攻撃や、「がん」による内からの破壊からからだを守る生体のしくみをいいます。1796年に、イギリスでジェンナーが、天然痘のワクチンを実施したのが免疫治療の始まりで、200年後の1979年に、世界保健機構(WHO)がワクチン接種による天然痘の撲滅宣言をするに至りました。当時は死に至る恐ろしい感染症との闘いから免疫という概念が生まれ、200年の歴史を経て多くの感染症に打ち勝つことができるようになりました。

 

しかしながら「がん」との闘いは近年始まったばかりで、これからの発展を見守る必要があります。自然の治癒力をもって病気を治すのが身体にとって最も好ましい治療法です。副作用が無く安全な治療法といえます。

 

ではなぜ「がん」との闘いは最近までできなかったのでしょうか?

 

それは免疫のしくみが自分であるという「自己」と自分のものではないという「非自己」とを区別することから始まっているからなのです。自分のからだと他人のからだを区別する働きを持っているのです。

 

自分の身体の「自己」と細菌などの外敵の「非自己」とを区別することは容易であるのですが、身内から出たさびである「がん」というものは「自己」の一部であるため、その違いを区別することが容易ではありません。がん細胞は毎日、1000個から多い人で4000個からだの中にできているといわれています。これを免疫細胞は毎日、「本来の自分の細胞ではない」として取り除いています。免疫の大事な仕事のひとつです。

 

遺伝子学や免疫学の進歩により「がん」を認識するしくみが最近、解明されてきており夢の「免疫治療」というものが現実のものになりつつあります。これから、癌の免疫療法をより理解していただき、皆様方の「がん」治療の一助となるように、免疫のしくみと各種の癌免疫療法をわかりやすくお話したいと思います。すこしでも皆様のお役にたてることができれば幸いです。

 

>> ブログトップへ戻る

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療