大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

院長のブログ

慰霊祭

2011年7月27日  本日、御霊神社において慰霊祭を行ないました。

 

これは、当院に培養リンパ球を遺してお亡くなりになった患者さまのお心を慰め、お体の一部であったリンパ球を、責任をもって処理させていただくために、行なっているものです。
遠方から参列してくださったご遺族もおられ、胸が熱くなりました。標準治療として抗がん剤治療を尽くされた挙句、「もう、打つ手はないから、緩和治療を」といわれ、当院を受診される患者さまが数多くいらっしゃいます。

 

その方々の中には、私がお勧めしている免疫活性化血管内治療すら受けることができず、活性リンパ球治療に望みをたくし、それすら、入院先の担当医が同意してくれないということで投与できずに、その機会を待ちつつ亡くなられてしまう方もあるのです。
様々な事情で折角のリンパ球を残されて逝かれた方々、お一人お一人を偲び、リンパ球治療とは関係なくとも、私が治療させていただきながら、お亡くなりになられた患者さまの在りし日を偲び、困難なガンとの闘いに、決意を新たにして慰霊祭を終えました。
国のがん対策基本法が平成19年に施行されて、以前に比べれば、がん治療の現場は改善されつつあります。

 

しかし、抗がん剤は、白血病、悪性リンパ腫などの血液のがん以外には殆ど効かない。強い毒性で、一時的にガンが縮小しても、同時に健全な細胞を傷つけ、いずれは再燃したがんの勢いに抗がん剤で痛めつけられた体が負けてしまう、こういう例がいかに多いか。
或る人いわく、術後再発したその方のお母様に、主治医は「抗がん剤が効くのは10人に一人」といいつつ投与し、結果、無効だったということです。10人に一人にしか効かない毒性の強い薬剤を、治療として投与することが、国が認めている標準治療なのです。手前味噌ながら、わたしが行なう免疫活性化血管内治療は、少なくとも2人に1人は有効で、正常細胞を障害することはありません。

 

しかし、保険適応にならない。臨床試験をクリアーするには、大きい壁があります。製薬会社は、すでに特許のきれた薬剤への今更ながらの投資には及び腰です。また、血管内治療が、医師個人の技量に左右される職人技で、結果が異なることも影響しているかとは思います。この治療がコンセンサスを得る為に、標準治療から見放された患者さんの「ガンがあっても元気」を実現させるために、治療を続けエビデンスを重ねていくことが肝要と考えています。一般の先生方のご理解を得るために、次回の癌治療学会総会、そしてJDDW(日本消化器病学会週間)の大会にて当院の治療成績の学会発表を予定しています。これからも、ガンと戦う方々に最後まで寄り添うことができるよう、努力したいと思います。

 

 

>> ブログトップへ戻る

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療