大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

院長のブログ

第4回・院長のブログ★

七夕が過ぎました。まもなく、祇園祭りや天神祭りがやってきます。街にお祭りの囃子が聴かれるようになると、また、夏がやってきたと感じます。蒸し暑い日が続きますが、あたまがオーバーヒートしないようにしましょう。そうそう、がん細胞もオーバーヒートしちゃった細胞なのです。続いてはがんを引き起こす遺伝子の異常についてお話しましょう。

治療法シリーズ 3: 『がん遺伝子』

現在、マサチューセッツ工科大学の生物学教授であるRobert WEinberg博士は、1982年にras遺伝子の変化ががんの原因であると発見しました。この癌化につながるという癌遺伝子の発見以来、発がんメカニズムの研究は急速に進歩してきました。細胞が分裂して、組織や臓器を作り、生命を維持するしくみが同じメカニズムからなっていることも解ってきました。

 

癌の発生や進行にはさまざまな遺伝子が関わっています。これらの遺伝子の中には癌化させる遺伝子だけではなく、癌を抑制する遺伝子もあると解ってきました。これらの遺伝子に異常が起こると癌が発生したり増殖したりします。自動車に例えると発癌遺伝子が自動車のアクセル、癌抑制遺伝子は自動車のブレーキに相当し、癌遺伝子の異常はアクセルが踏み込まれたままの状態、癌抑制遺伝子の異常はブレーキが壊れてしまった状態と考えられます。ひとつだけの遺伝子異常であれば、対になった遺伝子がその異常をカバーしてがん細胞とはなりません。しかし、異常がいくつか重なると、細胞周期をコントロールできなくり暴走が始まります。

 

いままで抗がん剤治療などで腫瘍の増大を抑えることができていた癌が急速に増悪した場合には、アクセルの異常に加えて、ブレーキの制御遺伝子も異常をきたしていると思われます。この制御遺伝子の代表がp53遺伝子です。p53遺伝子はp53蛋白を作成し、RAS蛋白と結合することでRAS蛋白の暴走を抑えます。ブレーキが壊れた状態では、ブレーキを正常なものと交換することが必要となります。これがp53遺伝子治療です。異常なp53遺伝子を、正常なp53遺伝子と置き換えることで、正常なp53蛋白を作成させ、RAS蛋白の異常暴走を止めます。p53遺伝子治療は分子標的治療薬と同じところで働いています。

 

>> ブログトップへ戻る

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療