お問い合わせ
著作
院長著書
治療症例はこちら

今月の診療日

2017年10月の診療日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の診療日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

地図・診療時間

csクリニックマップ

tel 06-6448-3653

 

先端医療の開発・技術支援
株式会社デンドリックス

 

患者の集い・モミの木

患者の集い・モミの木

院長のブログ

CSスタッフのブログ

 

遺伝子診断

がんになるリスクがわかります。

 

がんの早期診断を可能にする検査法のひとつとして、現在、遺伝子検査法が提案されています。
がんは正常な細胞に複数の遺伝子の突然変異や異常発現などが積み重なって生じる病気であり、たった1つのがん細胞が長い年月をかけて検出できるまでの大きさになります。

 

遺伝子検査は、そのような「がん化」に関与する遺伝子の突然変異や異常発現を調べることで、従来の画像診断をはじめとする臨床検査では発見不可能な微細ながん細胞の存在リスクを評価します。
さらに遺伝子検査では、従来の検査法では得られない様々な情報を分子レベルで把握できるため、がんの「発症リスク」を顕在化することができ、予防管理に有用な情報となります。

また既にがんと診断され治療と受けておられる患者様には、その治療が果たして有効なのか、治癒に向かって進んでいるのかが最も必要な情報となります。
そのような治療の効果確認や経過観察は治療前後での画像診断や腫瘍マーカーなどの検査を組み合わせて行われるのが一般的ですが、それら従来の検査方法に遺伝子検査を併用することで、がん関連遺伝子群の総合的な解説が治療の効果確認だけではなく治療後の再発防止管理にも有用な情報となることが期待されます。

 

遺伝子診断の種類

■がん遺伝子検査

 これまで少数個の遺伝子検査を組み合わせた遺伝子検査はすでに実用化されていますが、各臓器の「がん化」に関わる遺伝子の数や種類は多種多様であるため、正確かつ有効ながんの早期リスク評価を行うには、多くのがん関連遺伝子群を調べ、それらを総合的に評価するシステムが必要となります。
そのために、DNAチップ、シーケンサー、リアルタイムPCRなどの最新の機器や遺伝子解析技術を使用し、多数のがん関連遺伝子を調べます。遺伝子の変異解析、メチル解析、発現解析といった多種類の 解析を行えば、画像診断では発見出来ない超早期がんの存在を調べることができます。

 

がんの予防やがんの再発防止のための検査でもあります。

■マイクロRNA検査

生命維持には、タンパク質が必要です。タンパク質の遺伝情報は、DNAに記録されています。タンパク質が必要となれば、このDNAからRNAに情報が転写され、RNAからタンパク質が作られます。
RNA遺伝子の機能制御に関与しているのがマイクロRNAです。
遺伝子から、情報をもらったRNAはすぐにタンパク質を作るわけではありません。
マイクロRNAはこのRNAとくっつくことでRNAの働きを制御します。つまりタンパク質の合成をコントロールしているわけです。
マイクロRNAの量が異常になると、そのマイクロRNAが制御する100以上もの遺伝子の制御が異常となります。この異常が、がんや生活習慣病などの様々な病気を引きおこします。マイクロRNAは、「エクソソーム」とよばれるウイルスのような小さな粒子に包まれて各組織の細胞から血液中に放出されます。我々のからだの中には、常に多くのエクソソームが流れています。
このエクソソーム中の疾患特異的な複数のマイクロRNA量の変化を測定し、疾患予測します。目に見える変化をとらえる画像診断よりも、遺伝子レベルの変化をとらえるので、病気を早期に予測できます。

 

遺伝子診断のコース案内

 

がん遺伝子検査 コース案内

マイクロRNA検査 コース案内