お問い合わせ
著作
院長著書
治療症例はこちら

今月の診療日

2014年7月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2014年8月の診療日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

地図・診療時間

csクリニックマップ

tel 06-6448-3653

 

院長のブログ

CSスタッフのブログ

 

治療症例の紹介:悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)

悪性黒色腫は皮膚にあるメラノサイトが癌化したものです。色素細胞(メラノサイト)が悪性化したためメラノーマと呼ばれます。足の裏に出来ることが多いですが、体中の皮膚、粘膜のどこにでもできるガンです。良性のほくろやしみとは違います。メラノーマは進行が早く、からだのあちこちに転移し易いため最も予後の悪いがんといわれます。治療法は手術しか無く、抗がん剤も効きにくいがんのひとつです。このため最近では免疫療法に期待がかかってきています。

 

悪性黒色腫(メラノーマ)の肝転移

視野狭窄にて眼底検査の結果、悪性黒色腫(メラノーマ)と診断され最初に放射線治療と温熱療法を、再発したため眼球摘出術を受けられました。その後、肝臓に多発転移がおこり抗がん剤を用いた血管内治療が8回行われましたが、効果なく当院に来院されました。
悪性黒色腫は転移し易いため最も予後の悪いがんといわれます。治療法は手術しかありませんが再発しやすい癌です、抗がん剤も効きにくいため抗がん剤を使わない免疫活性化血管内治療で免疫を強化する治療を行いました。

当クリニックではじめての治療時には、肝臓は多数の一個あたり1cmを越える大きさの癌で占拠されていました。半年後も多くのがんで肝臓は占拠された状態でしたが仕事が出来る状態で生活を送ることが出来ました。
このかたは免疫を活性化させることで1年間の延命効果を得ることが出来ました。手術をしても再発する癌には免疫療法に期待がかかってきています。

悪性黒色腫の肝転移
初回の血管内治療にてすでに多くの癌で肝臓は占められていました。   5回の治療にて半年後も癌は存在しますが、いつもと変わらぬ日常生活を送ることができました。

 

悪性黒色腫(メラノーマ)の局所治療

右足底に隆起性黒色色素沈着を認め、病理検査で悪性黒色腫と診断され、手術された方です。術後補助療法としてインターフェロン治療(免疫療法のひとつです)が行われましたが、局所再発したため再び切除されました。その後、そけいリンパ節と右足皮下転移にてリンパ節郭清術と免疫療法が施行されましたが、再手術創に新たな転移が発見され、当クリニックに来院されました。

足の再発部に免疫活性化血管内治療を行いました。再発部のしこりの中にお薬が入っていることがわかります。このように直接、薬剤を腫瘍内に投与することで体にやさしい薬でもガンをやっつける薬に変わります。

悪性黒色腫の局所治療

 

 

Home/各種治療へ