お問い合わせ
著作
院長著書
治療症例はこちら

今月の診療日

2017年10月の診療日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の診療日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

地図・診療時間

csクリニックマップ

tel 06-6448-3653

 

先端医療の開発・技術支援
株式会社デンドリックス

 

患者の集い・モミの木

患者の集い・モミの木

院長のブログ

CSスタッフのブログ

 

免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボ)治療

 がんを攻撃し、同時にがん細胞の目印を免疫細胞に教えて、自身の免疫ががんを攻撃するようにするのが免疫活性化血管内治療です。免疫細胞ががん細胞を異常細胞だと認識できなければ、免疫細胞はがん細胞を攻撃できません。一旦、認識すれば全身の隠れたがん細胞を見つけ出し、殺して排除します。同じように、がんワクチン療法やがんペプチド療法はこの原理を活用した治療法です。

 しかし、免疫を活性化しても十分な治療効果が得られないことがあります。これは、がん細胞自身が自分を攻撃しないでくれと云うシグナルを出しているためです。免疫細胞が持っているPD-1というスイッチをオンにして、免疫細胞の攻撃を逃れるというテクニックをがん細胞が持つようになったからです。免疫チェックポイントにがん細胞が正常細胞であるかのごとく信号を出して免疫細胞の攻撃をストップさせるのです。つまり、がん細胞が免疫細胞をだまして生き逃れようとする手段を手に入れているのです。免疫チェックポイント阻害剤は、このがん細胞の力を阻害し、がん細胞が免疫細胞から逃れられないようにする薬剤です。

 

 

免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボ)≪20mgあたり 200,000円≫は全身投与が標準治療ですが、その場合には100-150mgが必要になり、高額であるばかりでなく、高容量投与による副作用の危険性も高くなります。血管内治療による局所投与であれば、1回あたり20mgという少量投与でも有効な濃度を維持して効果が期待でき、副作用の危険性が軽減されます。CSクリニックでは、血管内治療によるオプジーボ投与を、他の免疫活性化治療と併用して行っています。

 

花