大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

がん治療のセカンドオピニオン

不治の病といわれるわけ

がんを手術で取り除いても再発し、抗がん剤で癌を叩いても、しばらくすると、癌がしぶとく再発してくる方々が多く見受けられます。このため、がんは不治の病と言われます。

 

がんの三大治療

癌の三大治療といわれるものは、手術、放射線、抗がん剤です。ふつう、標準治療と呼ばれるのはこの3つの治療法です。保険診療で認められている3つの治療法が現時点での標準治療です。しかしながらこれまでの標準治療には限界があります。それだけでは不治の病を治すことは出来ません。がんは全身病です。からだのバランスを整えて、免疫力を維持し、体力をつけて、がんと闘わなくてはなりません。

 

ファーストオピニオン

がん治療はファーストオピニオンとして最初に受診した医療機関によって、治療法が異なってきます。あなたのがん治療はどの病院に行くかで決まってくるのです。たとえば、手術が得意な先生に掛かれば直ちの切除を勧められ、抗がん剤が得意な先生であれば抗がん剤治療でがんを縮小させてからの手術を勧められるかもしれません。アルコール注入療法が得意な先生であれば、PEIT(経皮的エタノール注入療法)を薦めるでしょうし、焼却治療が得意な先生であればRFA(ラジオ波焼却療法)を勧めるかもしれません。

 

これらの手術もいやだとなれば、漢方薬や健康食品、最近では高濃度ビタミンC治療などが提示され、しばらくこれで様子を見ようということになるかもしれません。このように、がん治療と一口に言っても多くの治療法が存在しています。では、どの治療法が私のがん治療に適しているのか?当然それは、がんの進行度によって異なります。でもそれ以上に、がんに対する医師の考え方によって、治療法は大きく異なります。

セカンドオピニオンの重要性

「手術で再発したから、もう治療法はない。」「抗がん剤が効かなくなったからがんは抑えられない。」と言われたり、思ったことはありませんか。最近の医学の進歩で効果が充分にあるのに、最新ゆえに治療経験が不十分であるために、標準治療に取り上げられていない治療法がたくさんあります。症状に応じて適切な治療法が異なります。三大治療に加えて、第四の治療法、第五の治療法があります。単独で効果が表れるものや、標準治療と並行して行うことで三大治療の欠点を補うものもあります。病院によって得意とする治療法が違うのが普通です。一ヶ所の病院の意見にこだわらず、セカンドオピニオンとして多くの意見をお聞きになることをお勧めします。

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療