大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

がん休眠療法

抗がん剤による化学療法(全身、局所動注)から癌休眠療法へ

遠隔転移を伴った進行癌の場合には根治的手術は不可能で、やむを得ず抗がん剤を併用しているのが現状です。抗がん剤による延命効果の成績が良くないのは、その副作用が強く、正常臓器に大きなダメージを与えるからです。
結果として、癌は見かけ上消失したが、患者の本体のダメージが大きく、寿命を縮めたことになります。

 

従来の抗がん剤は腫瘍細胞の核に作用し核分裂を阻止することにより細胞を殺す効果を持っています。抗がん剤は細胞核を直接攻撃するために、正常細胞の細胞核に対する障害も強いものになります。

 

そこで出てきた考え方が癌休眠療法です。がん細胞をやっつけても人間の体本体が弱ってしまっては何にもならないことに気づいたからです。特に進行がんの場合はからだも弱ってきています。強い治療はそれだけでも命取りになる可能性があります。毒性の強い治療で癌細胞が生き残るか、からだ本体が生き残るかのサバイバルゲームをすることになります。そこでがんを殺すことをあきらめて、癌細胞を殺さないが、からだ本体にもやさしい治療が「がん休眠療法」です。
いま現在の癌休眠療法は抗がん剤の全身投与量を減らすことで行われています。また、癌の存在する部位にだけ動脈より抗がん剤を投与する局所動注化学療法は、血管内治療といわれ、高濃度の抗癌剤を腫瘍へ直接投与する事により、全身への副作用を減らしています。

 

しかし、全身化学療法より副作用が少なくなり延命効果も期待できる一方、抗がん剤を使っていることには変わりなく、局所投与された臓器への障害や投与ルートである血管への障害が強いものとして認められ、周囲臓器への影響が強く出れば中止せざるを得ません。低侵襲であるはずの血管内治療でも場合によっては局所障害が強くなります。
末期がんでよくおこなわれるリザーバー動注療法も血管閉塞により抗がん剤の逆流がおこり、腸管などに流入し、胃腸障害を起こすことは良く知られています。

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

抗がん剤はがん細胞だけでなく周囲の正常細胞にまで大きな影響を及ぼします

分子標的治療を使えばがん休眠療法が可能に

癌細胞は止まることの無い分裂を繰り返し増殖し、かつ転移をおこし人体を死にいたらしめます。しかし、癌細胞が分裂できなければ腫瘍は増大することができなくなります。そうです、がん細胞の増殖を抑制するだけで、患者さんにとっては癌がありながら普通に生活できることになるのです。この癌治療に対する新しい考え方は2000年に入り、米国でTumor Dormancy Therapy(癌休眠療法)として提唱されてきています。これは抗がん剤を減らすことで実現されていますが、抗がん剤でない分子標的治療を使えばがん休眠療法がより現実的に可能になります。

がん休眠療法から免疫治療へ

CSクリニックでは抗がん剤を使わずに癌を休眠させることができるようになりました。抗がん剤治療と異なり、正常な臓器がダメージを受けません。分子標的治療では細胞分裂を抑制することでがんを抑えるため、分裂が長い間隔でしかおこらない正常な細胞にはその影響はきわめて軽微です。また免疫細胞もその影響から逃れることができます。
CSクリニックでおこなう分子標的治療は血管内治療で行ないます。この治療法は従来おこなわれてきた抗がん剤を使った血管内治療とは全く異なるものです。

 

分子標的治療をうまく使えば免疫活性化血管内治療が可能となります

分子標的治療で分裂を阻止されたがん細胞はアポトーシスに陥り死んでいったり、死ななくとも弱ったりします。このとき免疫細胞は弱った細胞を処理するように働きます。処理した細胞が異常なたんぱく質を持っていることに気づいた免疫細胞はそこで初めて見過ごしていた「がん」の存在を認識し、攻撃を始めます。つまり、がん細胞を攻撃できなかった免疫細胞を活性化させ、攻撃力を獲得させるようにするのです。抗がん剤ではがん細胞を免疫細胞が敵であると認識する機会があったとしても、抗がん剤で免疫細胞が傷つき死んでしまいます。分子標的治療では免疫細胞を逆に活性化させることが可能となります。

 

免疫活性化血管内治療

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療