大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

抗がん剤の欠点

抗がん剤は正常細胞も傷つける

癌は徹底的に殺すか、手術で完璧に取ってしまわないと直ぐに再発する。一旦、再発すると手に負えなくなる。多くの医師はその思いでがんと闘っています。「だから、少々の犠牲はやむを得ないのだ。」と考えているのも事実です。同じことが抗がん剤治療にも言えます。抗がん剤はがんを抑えることができますが、細胞傷害剤なので正常な細胞も傷つけます。現実は「抗がん剤の副作用に耐えなさい。」と言って抗がん剤治療を進めざるを得ないのです。しかし、それで本当に多くの人が耐えられるのでしょうか?

抗がん剤治療の進歩と変わらない欠点

そこで考えられたのが抗がん剤の局所投与でした。血管内治療で動脈から抗がん剤をがん細胞に注入し、がんを殺す方法です。動脈から抗がん剤を投与すれば腫瘍だけに薬剤が注入され、効率よくがんを殺すことができます。
しかしながら、素晴らしいと思われたこの治療法も問題を含んでいました。周囲の正常部に肉眼的に見えない、画像診断で見つけることができない細胞レベルで広がったがんは高率に再発してきたのです。周囲正常組織に潜んでいたがん細胞は抗がん剤の攻撃から逃れることができ、暫くすると再び芽を出して大きくなることができるのです。そこでがんの存在する周囲の組織にも抗がん剤を投与することになります。
治療範囲を広げた局所投与はがんを殺す効果を飛躍的に高めましたが、同時に巻き添えを食う周囲の正常組織が悲鳴を上げることにもなりました。抗がん剤の問題点は、癌は死んだけれども、周囲のまともな細胞も死んでしまうことです。局所治療である血管内治療でもそれは同じことです。

抗がん剤を使わない血管内治療

抗がん剤治療は正常な細胞をも犠牲にしてしまいます。散らばったがん細胞は目に付く大きさではなく、顕微鏡でくまなく探してやっと見つけられる細胞レベルで存在しています。そのようながん細胞を殺したいけれど正常組織は傷つけない。この思いが新しい治療法を編み出すきっかけとなりました。

抗がん剤を使わない免疫活性化血管内治療

がん細胞は普通の細胞と異なる目印をもっています。キラーリンパ球が敵を追跡するには敵の目印を覚える必要があります。この癌細胞の異常蛋白を認識させる方法が、抗がん剤を使わない免疫活性化血管内治療です。実は抗原提示細胞が、がん細胞をうっかりミスで正常細胞と誤認したために、ガン細胞が生き続けているのです。その抗原提示細胞に再び、がん細胞の目印を覚えこますのは容易ではありません。免疫活性化血管内治療では、免疫細胞がしっかりとがん細胞の目印を覚え込んで、がん細胞を見つけるや否や攻撃することが可能となりました。免疫細胞にがんを攻撃させるので正常細胞は傷つきません。副作用のない治療法となります。初期のがんであれば、免疫細胞は容易にがん細胞を片づけることができます。進行したがんでも副作用が無い為、積極的な治療ができます。免疫活性化血管内治療はすべてのがんに対応できる治療法です。

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療