大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

 

がんワクチン療法

 

がんワクチン療法とはがん細胞を敵だと認識できない免疫細胞に「がん」を異物と認識させ、攻撃する能力を獲得させる癌治療です。

 

CSクリニックの免疫活性化血管内治療はがんワクチン療法と同等の効果があります。

 

本来は免疫監視で「がんを排除すべき免疫細胞が「がん」を正常な細胞と勘違いして見逃すことから「がん」が発症します。この免疫細胞を再教育して再び「がん」を排除させる自然な治療法です。がん蛋白を皮膚に注射して「異物であると認識させる教育」を行ないます。

 

がん蛋白の皮内接種

 

血管内治療と免疫

がんワクチン療法から免疫活性化血管内治療へ

抗がん剤を使わないCSクリニックの免疫活性化血管内治療は「がんワクチン治療」と同じように作用すると考えられています。免疫活性化血管内治療は、免疫の大事な役割を担っている抗原提示細胞を傷害したり、抑制しないため、免疫細胞に癌細胞の目印を認識させることができると思われます。

 

がんワクチン治療では手術の時に得られる癌細胞が必要ですが、免疫活性化血管内治療は手術をしないで、癌細胞を認識した教育済みの強力なキラーTリンパ球やヘルパーTリンパ球を増やすことができます。

 

免疫活性化血管内治療  活性化リンパ球治療

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療