大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2020年4月の診療日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2020年5月の診療日
        1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

  • ホーム
  •  > がんの治療方法
  •  > 血管内治療の流れ

 

血管内治療の流れ

血管内治療について

大腿の付け根から動脈に挿入した極細管(カテーテル)を用いて治療薬を病巣に直接注入します。腫瘍血管を確認し、血管造影とCT撮影を同時に行うことで治療薬の腫瘍内投与を確認しつつ治療できるので、精度の高い投与となり副作用を最小限にすることができます。

血管内治療の流れ

1、治療室への入室準備

お部屋にご案内し、術衣に着替えていただきます。

更衣されましたら、看護師が健康状態を確認し異常がなければ治療室に入室していただきます。

 

2、治療開始

入室後、点滴を開始し術前薬の投与を行い治療開始となります。
足の付け根に局所麻酔を施し、そこから極細菅(カテーテル)を動脈に挿入し患部まで到達させます。その際、動脈内膜には神経分布がないため痛みはありません。
カテーテルから造影剤を注入し、腫瘍の栄養血管、その他の血管の状態、がん病巣、転移の有無を確認します。これらの情報を総合的に判断し、患者さま個々に応じた最適の治療を行います。

 

3、治療薬注入

治療薬注入は血管造影と同時にCT撮影を行い、がんの断層像を撮影することにより、治療部位のがん病巣内部の薬剤分布を確認しつつ治療を進めます。薬の注入時に、部位によっては患部の痛みや、嘔気が出たりすることがありますが、そうした場合はすみやかに症状をやわらげる処置をします。

 

 

4、治療直後から翌日

治療後は、カテーテル抜去後の動脈止血のため穿刺部を圧迫したまま、約3時間安静を保つ必要があります。安静中は点滴を持続して経過観察を行います。

 

5、帰宅から翌日

止血が確認できましたら帰宅していただきます。治療当日は入浴を控えていただき、安静をお願いします。翌日は歩行・食事・入浴ともに普段通りでかまいません。

 

6、治療後の生活

治療後は、治療局所の病巣部に炎症が起こり、それに伴い発熱や病巣部の鈍痛が起こる場合があります。人によっては、吐き気や嘔吐が伴うこともあります。これらの症状は、免疫が活発に機能し始めるには必要な過程で、治療効果が確かにあらわれている証拠のようなものです。
日が経つにつれて症状は改善されますので、水分補給を充分にして体調を整えてください。症状が強い期間はご自宅で安静に過ごされることをお勧め致します。

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2020年4月の診療日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2020年5月の診療日
        1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です