大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:00

土曜(隔週休み) 9:00~11:00

予約状況により受付時間は変わりますので、お電話にてお問合せください。

2018年12月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

  • ホーム
  •  > がんの治療方法
  •  > 免疫活性化血管内治療

 

免疫活性化血管内治療
(めんえきかっせいかけっかんないちりょう)

ピンポイントでがんを治療する血管内治療=がんワクチン療法と同じ

英語名  In situ tumor vacccination therapy
免疫治療を行っている金沢大学出身の織本健司先生から命名していただきました。
局所投与法で治療を行いながら抗腫瘍免疫をprimingするという治療効果を得ながら免疫を刺激して活性化させる意味です。

 

がん細胞の目印を免疫細胞のT細胞に教え込むことで自動的に隠れている癌細胞を殺しに行きます。
がんワクチン療法は手術でがん細胞を手に入れる必要があります。

 

がん蛋白の皮内接種

 

がん細胞そのものを使って、その細胞の特徴を免疫細胞に教え込むことで、免疫細胞がそのがんを効率よく攻撃し、癌の目印を持っていない普通の細胞には攻撃を行いません。副作用のない治療法です。がんワクチン療法はすぐれた副作用のない治療法です。細胞レベルでがんに対してピンポイント攻撃をします。しかし、がんの目印を教えることがうまくいかない時にはがんワクチン療法は成立しません。
免疫活性化血管内治療は体内にあるがん病巣を「手術」と同じ局所治療である【血管内治療】を使って攻撃します。がんワクチン療法のようにがん細胞を手術で取り出す必要がないため、体にやさしい治療です。癌ワクチンと同じように、がん細胞の特徴を免疫細胞に教え込むことが免疫活性化血管内治療で行えます。

 

血管内治療と免疫

 

なにもしなければ体内にある樹状細胞は同じ体内にあるがん細胞の目印を取り込みません。目印がわからない樹状細胞はT細胞に「がんを攻撃する命令」を出すことができません。樹状細胞療法は、この樹状細胞を活性化させて目印を覚えに行くように仕向けます。
樹状細胞療法はWT-1やMUC1等のがん蛋白をそのがんの抗原として試験管の中で覚え込ます手法ですが、免疫活性化血管内治療は体内で実物のがん抗原そのものを覚えさせます。局所治療でがんを弱らせると、弱ったがん細胞は樹状細胞が処理します。このとき、樹状細胞ががんの目印をはじめて認識して免疫が活性化されます。WT-1等は仮想のがん抗原ですが、本物のがん抗原を認識させます。つまり、がんの種類によってがん抗原は異なりますが、当たり外れのない確実な樹状細胞療法とも言え、がんワクチン療法と全く同じ効果が期待できます。局所治療を行うと共に、免疫を活性化して全身治療を行うのです。この効果はがんの増殖を抑えると共に、がんが体中にひろがる転移を抑えます。再発したがんや、転移したがんにも有効です。抗がん剤を使わない為、副作用はありません。
副作用がないため、外来で治療ができます。
日常生活を変更することなく、仕事を続けながら治療をおこなうことができます。

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:00 / 土曜9:00~11:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療