お問い合わせ
著作
院長著書
治療症例はこちら

今月の診療日

2017年10月の診療日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の診療日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

地図・診療時間

csクリニックマップ

tel 06-6448-3653

 

先端医療の開発・技術支援
株式会社デンドリックス

 

患者の集い・モミの木

患者の集い・モミの木

院長のブログ

CSスタッフのブログ

 

その他の抗がん剤を使わない治療法

CSクリニックでは、二回目以降点滴療法で来院される患者様には診察料を頂いておりません。

アルファリポ酸点滴療法

アルファリポ酸は、がんの原因となるフリーラジカルを除きます。また、ガン化転写因子の活性化を抑え、糖エネルギー産生を好気性に傾け、ガンの嫌気性のエネルギー産生を阻害することでがん細胞をアポトーシスに導きます。

元シカゴ州立大学教授のバート・バークソン博士により始められ、20年を超える歴史があります。あらゆるガンに効果が期待でき、高濃度ビタミンC点滴療法、低容量ナルトレキソンとの併用療法で、多くの良い成績が報告されています。

 

低容量ナルトレキソン治療(※1)

(※1)低容量ナルトレキソン治療は、経口投与ですが、上記のアルファリポ酸点滴療法と連携して投与する場合があります。

ナルトレキソンは、本来は麻薬やアルコール中毒の治療薬です。低容量投与では、癌、自己免疫疾患、繊維筋痛症、神経変性疾患などに有効なエンドルフィン(体内モルヒネのこと)産生を2~3倍に増加させます。

1980年代に、ペンシルバニア州立大学教授のZagon博士が中心となり始め、2004年にBernard Bihariが450例の多種のガン治療例を報告したことにより、米国国立衛生研究所の国立補完代替医療センターが、癌代替治療薬と同定しました。

 

アルテスネイト

アルテスネイトの抗腫瘍作用のメカニズムは、がん細胞内でフリーラジカルの産生を増やし、酸化ストレスを高めて、がん細胞に細胞死(アポトーシスや壊死)を引き起こすのが基本です。

さらに腫瘍組織の血管新生を阻害する作用、細胞外の結合組織を分解する酵素の活性を阻害することによってがん細胞の転移と浸潤を抑制する作用など、多彩な抗がん作用が報告されています。