お問い合わせ
著作
院長著書
治療症例はこちら

今月の診療日

2017年06月の診療日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年07月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※赤字は休業日です

地図・診療時間

csクリニックマップ

tel 06-6448-3653

 

先端医療の開発・技術支援
株式会社デンドリックス

 

患者の集い・モミの木

患者の集い・モミの木

院長のブログ

CSスタッフのブログ

 

遺伝子治療  (P53がん抑制遺伝子を病巣部に直接局所投与)について

遺伝子治療について

がん細胞の壊れた遺伝子を修復させます。血管内治療や腹腔内治療と同時に行います。

遺伝子治療の詳細

生命の営みは遺伝子によってコントロールされ、遺伝子が傷つくと細胞の構造に異常をきたし、機能が損なわれ、病気になります。癌の発生や進行にはさまざまな遺伝子が関わり、その働きから大きく癌遺伝子(発癌遺伝子)と癌抑制遺伝子の2種類に分けられます。
CSクリニックでは遺伝子診断を行なっています。遺伝子レベルで異常を速やかに 見つけ出すことで前がん状態のリスクを特定します。

癌遺伝子検査でガンのリスク診断をおこなっているばかりでな く、新たながんの攻略法として最新治療である遺伝子治療を取り入れています。 がんの原因となっている発癌遺伝子を修復する治療のようにおもわれがちですが、 そうではありません。うまく働かないがん抑制遺伝子の代理として正常に機能する遺 伝子を導入し、細胞質内でガンを抑えるのに必要なタンパク質をつくらせる方法が現 在、世界的に見て治療可能な遺伝子治療です。

アメリカで開発され安全性が高く、実績があり製剤化されているp53がん抑制遺伝子を、血管内治療により腫瘍に直接投与します。

p53がん抑制遺伝子

p53がん抑制遺伝子は、腫瘍に直接投与する目的で開発された薬剤ですから、血管内治療により腫瘍に選択的に投与することで高い効果が期待できるのです。血管内治療による他、腫瘍に直接注入したり、一般の点滴のように静脈内に投与することもあります。

 

p53遺伝子は『血管内治療』で導入するか、または針を刺して導入するか局所療法でしか効果は期待できません。点滴で入れると病巣部に到達する前に血管壁や、正常細胞に取り込まれ、消失してしまいます。いかに上手に遺伝子を注入するかが、治療効果の分かれ目となります。点滴で静脈から投与しても、最初に到達する臓器は肺で、肺の上皮細胞にすべて付着してしまうと思われます。

 

p53遺伝子は正常細胞に存在する最も重要ながん抑制遺伝子のひとつです。正常細胞では、p53遺伝子がごく低レベルで発現していますが、発がん遺伝子が活性化したり、低酸素症、DNA損傷などで細胞に異常が起こった場合、p53遺伝子が活性化されます。p53遺伝子発現の活性化により傷ついた細胞のアポトーシスが起こります。

 

がん細胞

 

がん細胞

遺伝子治療によるがんのアポトーシス

 

遺伝子治療によるがんのアポートシス

 

p53がん抑制遺伝子は異常になった細胞を自滅死に追いやることでがんを抑えます。


臨床試験で、8週間の遺伝子腫瘍内注射と放射線療法の併用により、患者の64%に腫瘍の完全退縮がみとめられ、29%に部分退縮が認められています。さらに遺伝子の安全性と有効性が証明されています。

Cdc6mRNAはRNA干渉によってCdc6mRNAの働きをなくします

細胞分裂を促進する「DNA複製タンパク質Cdc6」は複合体としてDNAの複製起点に現れ、サイクリンE-Cdk2キナーゼによってリン酸化されたCdc6蛋白はDNAの複製を開始します。Cdc6蛋白を作成するのがCdc6mRNAで、RNA干渉によるCdc6mRNAの分解はCdc6をノックダウンし、がん細胞のアポトーシスをもたらします。Cdc6の枯渇によってアポトーシスが引き起こされるのはがん細胞のみであり、正常な細胞では起こりません。
CDC6shRNAはRNA干渉によってCdc6mRNAの働きをなくします。これまで我々のグループでのin Vitroの研究において、ヒト幹細胞にCDC6shRNAを添加すると 幹細胞の増殖が抑制されることが見出されています。ピンポイント投与によって効率よくRNAを作用させます。全身投与では頻回に投与する必要がありますが、血管内治療ではピンポイント治療が可能で3-4週間に一回の治療で効果がみられます。

 

 

Cdc6(Cell division cycle6)は出芽酵母において、細胞増殖に必須な因子として同定されました(Grallert and Sipiczki,1991;Lisziewicz et al,1988)。

 

 

 

 

花