お問い合わせ
著作
院長著書
治療症例はこちら

今月の診療日

2017年08月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2017年09月の診療日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

地図・診療時間

csクリニックマップ

tel 06-6448-3653

 

先端医療の開発・技術支援
株式会社デンドリックス

 

患者の集い・モミの木

患者の集い・モミの木

院長のブログ

CSスタッフのブログ

 

活性化リンパ球治療

活性化リンパ球治療について

末梢静脈から採血したリンパ球を1,000倍に増やして患者さまに戻し、免疫力を強化をはかる治療法です。CSクリニックでは、 免疫活性化血管内治療と組み合わせることで細胞障害性Tリンパ球(CTL, キラーT 細胞)を活性化し(NK細胞を増やし)、より効果の高いリンパ球を投与できると考えています。

活性化リンパ球治療の詳細

活性化リンパ球治療と言われるものは、がん患者から採取したリンパ球を体外で強制的に1千倍以上に分裂増殖させ、再度、体内に戻す免疫療法のひとつです。免疫力の低下した人でも培養器のなかでリンパ球を増殖させるために、からだに負担はなく、その免疫治療効果は一定以上のものになります。特に進行がんや末期がんで免疫力を消耗した人には有効なものです。

 

リンパ球のうちナチュラルキラー細胞(NK細胞)は正常な細胞表面抗原を呈示していない細胞をすべて異常とみなして攻撃する能力を持っています。がんが発生した初期には重要な役割を持っています。しかし、進行がん末期がんの場合にはその仕事ぶりはゆっくりで、癌細胞の増加にがんを殺す作業が追いつかない可能性があります。

 

一方、細胞傷害性Tリンパ球(CTL、キラーT細胞)は、正常細胞の表面には無い腫瘍特異抗原を認識すれば、どんながん細胞でも殺します。がん細胞を貪食して殺すのではなく、がんの目印を見つければそれにくっつき、突起を出してがん細胞の壁に穴を開け、毒素(活性化酸素など)を注入して一気に殺します。
針をさすように殺すため、一個のキラーT細胞は2-3個のがん細胞だけではなく、相手をなぎたおすように次々にがん細胞を殺し、効率的な仕事が出来ます。活性化リンパ球療法ではキラーT細胞だけでなく、その効果を増強させるヘルパーリンパ球も増殖させます。バランスよく免疫細胞を増やすため、自然な免疫治療です。
CSクリニックでは、免疫活性化血管内治療との組み合わせで、がん細胞への攻撃力をより増した、効果の高い活性化リンパ球治療をおこなっています。

 

活性化リンパ球治療

活性化リンパ球治療の手順

活性化リンパ球治療を受けられる方は、前もってリンパ球を採取する必要があります。

1.採取日を外来診察のときにお知らせします。
2.採取当日は直前の飲食はお控えください。
採取時間は午後4時ごろになりますが昼食を抜く必要はありません。
3.リンパ球を体外で強制的に1千倍以上に分裂増殖させるには2週間以上の日時が必要です。
4.リンパ球の活性化の状態により更に日時が必要となる場合もありますので、採取後第一回目の
投与日はクリニック側で決めさせて頂きます。
5.指定された日に都合がつかない方は、ご相談させて頂きますので、ご遠慮なくお申し出下さい。

※治療は30分~1時間程度の点滴で終わります。治療に伴う副作用は特にありませんが、人に
よっては軽度の発熱がある場合もあります。
※温熱リンパ球療法をご希望の方は別途予約が必要ですので、お申し出下さい。

 

 

 

※CSクリニックでは、二回目以降点滴療法で来院される患者様には診察料を頂いておりません。