お問い合わせ
著作
院長著書
治療症例はこちら

今月の診療日

2017年08月の診療日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2017年09月の診療日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

地図・診療時間

csクリニックマップ

tel 06-6448-3653

 

先端医療の開発・技術支援
株式会社デンドリックス

 

患者の集い・モミの木

患者の集い・モミの木

院長のブログ

CSスタッフのブログ

 

ピンポイント攻撃の血管内治療

分子標的治療薬による血管内治療

抗がん剤は従来副作用が強いものですが、CSクリニックでは、抗ガン剤を使わない癌治療をおこなっています。
これまでの抗がん剤(20世紀に開発された抗癌剤を意味します)は癌細胞の核に作用し、DNAの基本物質である核酸の合成を阻害したり、DNA のコピーを邪魔したり、細胞核の染色体が分裂できないようにしたりして細胞が増殖することを防ぎます。抗がん剤は細胞核を直接攻撃することにより効果を発揮します。
このため「がん」でない細胞にまで障害が及ぶことになります。

 

21世紀の抗がん剤(あたらしい抗癌剤でこれまでの抗がん剤と区別して抗がん剤とは呼びません)は癌細胞の分裂を進行させる蛋白を抑制します。20世紀型の抗がん剤を使わなくとも癌細胞の分裂を抑制することができるようになったのです。それが新しいがん治療の分子標的治療です。細胞内の特定の蛋白質やムコ多糖類をターゲットとする薬剤を投与し、その蛋白質やムコ多糖類の活性化を抑制することで病気の進行を食い止めようとするものです。癌の増殖レセプターを抗体でブロックすることにより腫瘍増大を抑制することもおこないます。これらの薬の特徴は細胞分裂を抑えるだけで、分裂していない細胞には影響を与えません。つまり、分裂の少ない正常細胞には影響はごく軽微で、分裂の済んだ免疫細胞には全く障害を与えません。また、ピンポイントでがん細胞にだけ投与すれば、さらに全身の正常細胞や免疫に悪い影響を与えることなくがん細胞だけが攻撃を受けることになります。安全な分子標的治療薬を使い、血管内治療でピンポイント攻撃をしているのは、当クリニックだけで行なっている先進治療です。免疫を強く活性化させることができるので、免疫活性化血管内治療と呼んでいますが。この免疫活性化血管内治療には副作用はほとんどありません。患者様自身の免疫力を低下させるのとは逆に、強化する事によってがんと戦っていきます。治療の過程で体調の改善が期待されるのも大きなメリットです。

 

CSクリニックの血管内治療は日帰り手術としておこなっています。

仕事を続けながら治療をおこなうことも可能です。