大阪本町 CSクリニック

 

 

 

 

受付時間

平日 9:00~17:30

土曜(隔週休み) 9:00~13:00

2018年06月の診療日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2018年07月の診療日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※赤字は休業日です

 

 

院長のブログ

スタッフのブログ

 

  • ホーム
  •  > がんの治療方法
  •  > 難治性腹水の治療

 

難治性腹水の治療

 

がん細胞が腹膜に散ってしまった腹膜播種に伴い、腹水が溜まるがん性腹膜炎の方に行います。
腹水が溜まることにより腹満感が強くなり、食事も思い通りにできなくなります。頑張って食事をしているつもりでも知らず知らずのうちに摂食量が減少し、その結果、栄養状態の悪化、体力低下が起ります。免疫細胞も減ることになり免疫低下につながります。そのままに放っておくとがん細胞がのさばり、さらに腹水が貯留するという悪循環に陥ります。

 

腹水濾過濃縮再静注法(CART法)は、腹水を抜き、体にとって有用な成分のみを取り出して静脈経由で点滴で戻す治療法です。生活の質をあげ、栄養状態の改善もはかることができる治療ですが、従来は、手技が複雑であるばかりでなく、濾過した体液中に発生する炎症物質の作用で高熱をだすなどの副作用がみられることがあり、汎用されていませんでした。

 

CSクリニックでは、これらのマイナス点を改善し難治性腹水を採取、濾過、再投与する治療を行っています。この治療と免疫活性化血管内治療を組み合わせることで、これまで、治療が困難であった方の治療が可能となりました。勿論、細菌やがん細胞は、完全除去されています。

 

 

 

 

がん治療に関するお問い合わせは06-6448-3653

受付時間 平日9:00~17:30 / 土曜9:00~13:00
〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-8-5 明星ビル1F

 

お問い合わせ 資料請求

 

 

ページトップへ戻る

 

副作用でお悩みの方は、大阪本町CSクリニックへ 免疫治療、抗がん剤を使わない血管内治療、遺伝子治療によるがん治療