お問い合わせ
著作
院長著書
治療症例はこちら

今月の診療日

2017年10月の診療日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の診療日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

地図・診療時間

csクリニックマップ

tel 06-6448-3653

 

先端医療の開発・技術支援
株式会社デンドリックス

 

患者の集い・モミの木

患者の集い・モミの木

院長のブログ

CSスタッフのブログ

 

血管内治療の実際

血管内治療について

大腿の付け根から動脈に挿入した極細管(カテーテル)を用いて治療薬を病巣に直接注入します。腫瘍血管を確認し、血管造影とCT撮影を同時に行うことで治療薬の腫瘍内投与を確認しつつ治療できるので、精度の高い投与となり副作用を最小限にすることができます。

血管内治療の流れ

1、治療室への入室準備

まず、回復室にご案内し、術衣に着替えていただきます。更衣されましたら、看護師が健康状態を確認し異常がなければ治療室に入室していただきます。

2、治療開始

 入室後、点滴を開始し術前薬の投与を行い治療開始となります。
足の付け根に局所麻酔を施し、そこから極細管(カテーテル)を動脈に挿入、複雑に分岐した血管にカテーテルを掛け分けて患部まで到達させます。その際動脈内膜には神経分布がないため痛みはありません。

 

カテーテルから造影剤(レントゲンに映りやすくする薬)を注入し、腫瘍の栄養血管、その他の血管の状態、ガン病巣、がん転移の有無を確認します。造影剤を注入するとその部位が熱く感じますが少したてば熱感は和らぎます。これらの情報を総合的に判断し、患者さま個々に応じた最適の治療を行います。

3、治療薬注入

治療薬注入に先立って、血管造影と同時にカテーテルを進めた血管部位から造影剤を注入しCT撮影を行います。カテーテルを挿入した血管の臓器ごとにCT検査を行うことにより、その臓器に腫瘍が存在するかどうか判定します。さらに腫瘍の断層像を撮影することにより、腫瘍内部の薬剤分布を確認し、造影したその血管からの治療薬の投与で充分か、それとも他の血管をさらに検索する必要があるか判断します。このように造影剤でシミュレーションを行い、がんの拡がりを確認し、正確にピンポイントで治療薬を投与できるように検査を進めます。治療薬の注入時に、部位によって患部に刺激痛を感じたり嘔気がでることがありますが、各々の症状を緩和する処置を速やかに行います。治療中に気になった症状があれば、遠慮なく医師、看護師にお声をおかけください。

 

 

4、治療直後から翌日

治療後は、カテーテル抜去後の動脈止血のため穿刺部を圧迫したまま、約3時間の安静臥床を保つ必要があります。また、安静臥床中は、点滴は持続したまま経過観察をさせていただき治療効果をより確実にする為のお薬を必要に応じて投与させていただくこともあります。止血が確認できましたら、自力歩行をしていただきますが、治療当日は安静を心がけていただき入浴もできません。翌日には歩行、食事、入浴ともに普通にしていただいてかまいません。 術後の生活でわからない点があれば、看護師、スタッフがアドバイスさせていただきます。

 

5、治療後の生活

血管内治療後は、治療局所の病巣部に炎症が起こります。これは変性した癌細胞を免疫細胞が処理をするために集まってくる為に起こる現象です。
この時に免疫細胞はがん細胞の持っている目印を覚え、がんを攻撃できるようになります。つまり、免疫が活性化されることになります。
それに伴い色々な症状が現れてきますが、免疫が活性化されるためには避けられない過程でもあります。


まず、第1に発熱を致します。人によっては吐き気や嘔吐を伴う場合もあります。当然食欲も減退致します。
つぎに、病巣部が腫れるために患部に鈍痛を感じます。
以上のことは治療効果が確かに現れていることの証拠のようなものなので、日が経つに連れ改善されます。
症状が強い期間はご自宅で安静に過ごされることをお勧め致します。また、水分補給を充分にされて、体調を整えてください。

治療に伴う通常の症状以上の強い変化が見られた場合は、お電話でご相談ください。

 

 

従来行われている抗がん剤による治療は保険適用になります。

どちらも希望により選ぶことができます。

花